恐るべし石橋貴明 「描いたシナリオ通りでしょう!!」 山形ロックフェス実現へ向けて始動

石橋 Ku-Wa de MOMPE 山形ロックフェス

Ku-Wa de MOMPEが山形県庁を訪問した、とのニュースが舞い込んできた。

県庁は大盛り上がりだったらしい。

この盛り上がりは、偶然か必然か、更に今後貴さんが考えているシナリオは?を考察します。

 

スポンサーリンク



この盛り上がりは何?

この盛り上がりがよく分かっていない方もいらっしゃいますよね?

はじまりは、とんねるず・石橋貴明さんのYouTubeチャンネルの「貴ちゃんねるず」の企画で、貴さんとマッコイ斎藤さんがユニットを組んで曲を出すことになりました。

マッコイ斎藤さんは、「とんねるずのみなさんのおかげでした」のディレクターをやられていた方で、「貴ちゃんねるず」をやろうと貴さんに持ち掛けた人物です。

このユニットが、マッコイさんの地元、山形県の関連ワードをふんだんに盛り込んだ曲「Stranget to the city」をリリースしたことで話題となっています。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Ku-Wa de MOMPE(くわとモンペ) Stranger to the city
【Ku-Wa de MOMPE】チュチュガムシ中毒者続出!! "Stranger to the city"のMVが公開

続きを見る

Stranger to the city 歌詞
【Ku-Wa de MOMPE】”Stranger to the city”には山形県ワードが満載だべ

続きを見る

 

山形県知事から感謝状

11/19 貴さんとマッコイ斎藤さんは、山形県庁に訪問されました。

そこで、知事から感謝状が贈呈されました。

 

現地の映像を見ると、現地はとても盛り上がっていたようです。

 

石橋貴明の描いたシナリオ通り!?

この偶然訪れたような盛り上がりであるが、わたしは、貴さんの描いたシナリオ通りに進んでいるのではないか?と考えている。

「Stranget to the city」の詩を書いているときに、チュチュガムシというキーワードを思いついたとき、貴さんなら、チュチュガムシブームが起こることは、予感したはずである。

チュチュガムシブームが起これば、山形でイベントをやって盛り上げることも考えていただろう。

あくまで推測であるが、貴さんが長年第一線をやってきた勘や感覚をもってすれば、今の盛り上がりは予感していたに違いない。

よって偶然ではなく、必然だったのではないか?

 

スポンサーリンク



石橋貴明の描く今後のシナリオは?

紅白出場

紅白狙っている、と冗談交じりには発言しているが、結構本気であると思う。

山形がフェスで盛り上がり、国民の認知度が高まれば、2021年紅白出場も見えてくる。

2020年の紅白は嵐で盛り上がるだろうが、2021年はとんねるずで盛り上がる可能性も多いにある。

全国ツアー

山形が盛り上がれば、今度は、全国ツアーで、ファンを盛り上げたいと考えているのではないか。

Ku-Wa de MOMPEだけでなく、貴さんが参加しているもう一つのユニット、B Pressureもあるので、くわモンとビープレを引っさげていくであろう。

MINATy
実現されるように、コロナが終息するといいな!

 

とんねるず

2020年、貴ちゃんねるずでとても盛り上がったが、これは序章に過ぎないと思う。

貴さんが貴ちゃんねるずで盛り上げている一方で、憲さんも音楽やアートなどの活動で、とても活発に活動していて、衰え知らず。

2021年は、とんねるずの二人は還暦を迎える。

更に盛り上がることは間違いない。

還暦記念として、とんねるずとして何らかの活動は出てくるのではと思っている。

スペシャル番組、フェスに憲さん乱入、二人そろって紅白出場 etc

今からそれが楽しみでならない。

 

スポンサーリンク



-とんねるず, 貴ちゃんねるず・KuWadeMOMPE

© 2021 貴ちゃんねるず愛